So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

浅草歌舞伎 [観 劇-歌舞伎]

0020001.jpg


見に行きました。
若手のみなさんがたくさん出られていてびっくり。
これからの活躍をお祈りしています。


けしごむはんこでつくってみた 2 [工作]

0010001_0012.jpg


お友だちにハガキを出そうと思って犬のポストカードを作ってみたら
なんだかもの悲しくなってしまったので
調子づいてヴェルレーヌの「落葉」(堀口大学訳だと「秋の日」かな)の一節を入れてみた。
上田敏訳。

急ごしらえで彫った枝がひどい。

シャーロック [本-海外]

SHERLOCK / シャーロック [DVD]

シャーロキアンたちを、今とても悶えさせている英国BBC制作のドラマ
ドラマと言っても1話が90分あるので、ちょっとした映画のような感覚。
ワトソン君とホームズの出会いからシリーズは始まり、原作の「緋色の研究」(season1)や「バスカヴィル家の犬」(season2)など、数々の有名な作品をモチーフにした殺人事件の謎解きが毎回描かれるが、話の筋は別としても、ありとあらゆるところに原典からの引用が垣間見られて、本当にたのしいです。
舞台は現代のイギリス
ワトソン君が事件の記録をブログで発表し、ホームズはモバイルを駆使し、二人はタクシーに乗り・・・と、細部に制作者の工夫を感じますが、それ以上に、時代を経ても色あせることのないドイルの原作の魅力に再び感動します。
主演のベネディクト・カンバーバッチもエキセントリックな役柄をうまく演じていて惹きつけられます。
NHKの放送では吹き替えになっていたのですが、できれば字幕でみたほうがこの奇人ぶりが際立っておもしろい。さすがにシェークスピアの国の人らしく、セリフがオシャレで、特にホームズは韻を踏んでいたりして、聞いていてしびれます。(とはいえホームズの英語は時にものすごく早い。とても聞き取れません)

ついこの間season2の放映が終わり、しかも「最後の事件」を下敷きにしていた第3エピソードでホームズは死んでしまいました。
ファンは原作のその後の経緯を知っているので「どうやってホームズは生還したのか?」などといろいろ疑問がわいてくるのですが、その疑問に対するこたえは来年以降のseason3の放送を待たねばならないようです。
それでみんな悶絶している。

この長い長い待ち時間をどのように耐え忍べば良いのか?
気を紛らわすためにシャーロック・ホームズの周辺を逍遥するわけです。
コナン・ドイルの事件簿 DVD-BOX シャーロック・ホームズ誕生秘史

コンナ・ドイルとドクター・ベル博士を主人公にした推理ドラマで、やはりBBCの制作。
ドイルがワトソン君、ベル博士がホームズ、と見立てるとなるほどそのままホームズの物語と言ってもいい。
ドイルがベル博士をモデルにホームズを描いたことは有名な話ですが、ドラマには実際のエピソードというよりは、ホームズ作品からの引用というかコラージュがいたるところにちりばめられているので、創作半分+実話半分、といった脚本なのでしょうか。
例えば上述の「シャーロック」における最初のホームズ登場シーンでは、ホームズが死体を鞭打っているのですが、こちらのドラマでもベル博士最初の登場場面で、死体が鞭打たれています。
多分これ、『緋色の研究』でワトソン君が初めてホームズに会う日に、“ホームズは死体を鞭打ったりする(変わり者)!”という話を聞くところからの引用で、そうしたところを思い出しながら見られるのもファンには楽しいと思います。

もちろんホームズファンでなくても、作品そのものがしっかり作られているので推理ドラマとして十分楽しめます。
私はホームズのシリーズが好きで若い頃に何度か読みました。しかし現在、その内容はほとんど忘れてしまっているので、いつも初心でドラマを見ています。
19世紀イギリスの空気がよく伝わってくる映像も圧巻です。

けしごむはんこで作ってみた [工作]

1.jpg
消しゴムはんこで7月のカレンダーを作って妹に送ったら
額に入れて写真をとって送ってくれた。

でも今日から8月なんだね・・・

「南桂子展 生誕100年」群馬県立館林美術館 [散 歩]

南.png

館林は少し遠いなあと思ったのだけれど、美術商のカタログをぺらぺら眺めていたら南さんの版画が出ていて、どうしても行きたくなってしまった。
で、展覧会の最終日に休みの日がなんとか間に合ったので、電車に揺られ、てくてく歩いて行ってみた。
東武伊勢崎線の館林駅からだとバスで30分ほどかかるようだったし、バスの時間もよくわからなかったので多々良駅から徒歩で美術館を目指す。
多々良駅の駅員さんがとても親切に、帰りの交通のことやら美術館までの道すじのことやらを教えてくれて、迷うことなく15分ほどで美術館到着。
お天気もよかったが、美術館の建物がのびやかにすっきりと建っていてあんまりきれいなのでしばし見とれてしまった。周囲に広がる芝生を前景に、ゆるやかなカーブを描いて建物が長く伸びている。ガラス張りの回廊(回、ではないけれど長い長い廊下である)が明るい。
アプローチに施された水面がたっぷりと水をたゆたわせて陽光を反射している。
いい美術館だなあと思う。

しかもすっかり忘れていたが、私設の美術館の企画展はたいてい1000円以上の入館料を取るのに対して、今回はなんと500円で企画展が見られた!!
公立の館はありがたいなあ!!

南桂子の出発点は童話だったらしい。
展示室でも2~3の童話を読むことが出来る。
絵の最初は油彩。
ほんの数点だけ展示されている油彩は、どれもやわらかくやさしい色あいで、どことなく現実から遊離している雰囲気。南が実際に目にしていた事物・風景であっても、彼女というフィルターを通してこんな風に見せてもらえる絵画体験と言うのは、なんともいえない不思議な感覚である。

版画も、やっぱりすてきだった。
見にきてよかったなあと心から思った。
彼女が描いたモチーフが小動物(鳥、羊、魚)や少女、樹木、そして象徴的なもの(お城や湖、海)であったことから、よく南の版画は童話的と評されるらしい。
言われてみると確かにそのとおりで、愛らしく、かわいらしくて、でもなんとなく寂しくて、現実にはないどこか遠くのおとぎの国の世界を描いたようだ。

それにしてもその童話的世界を支えているデザイン性の、なんと高いことか。
木の表現一つとっても、さまざまな省略の方法を見せている。
また、形態上の特徴を残しつつ、極力簡素化させて木や鳥や水を描いている一方で、樹木の表皮や葉、鳥の羽といった細部への緻密な描き込みにはのけぞってしまうほど。
気の長い、気の遠くなるような仕事だなあと感嘆する。

表現の模索だけではなく、技術面でも南はいろいろと試していたようである。
特に今回行われた調査では、彼女が微妙な陰影を出すためにサンドペーパーを使っていたのではないか、ということも分かったそうな。

静かな展示室で、いつまでも見ていたい展覧会であった。

図書館戦争 [本]


図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)

図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)



今さらで申し訳ないのですが『図書館戦争』を読んでみた。
周りの人々が「おもしろいよ」とお薦めしてくれてからすでに何年か経っているのですが・・・。
すみません。

そしてちょっと思い出したのでこちらをご紹介しておきます。

字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ (光文社新書)

字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ (光文社新書)

  • 作者: 太田 直子
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/02/16
  • メディア: 新書



不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)

  • 作者: 米原 万里
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1997/12
  • メディア: 文庫



どちらも充分古い本なのですが、『図書館戦争』ととても近いところにあるような。
『図書館戦争』は法務省主導の言語狩りに対して図書館が表現の自由を守るために戦う、というフィクションの構図を取っているのですが、『字幕屋~』や『不実な~』の著者である翻訳家たちは、現実に起こるさまざまな言語をめぐる局面において、すでに「くさいものには蓋」式対処が行われるていること、そしてそんなことをしても差別などの本質的な問題は解決しないことを、(偶然にも?)揃って指摘しています。

小説家が現実をすくい取って、その歪んだ部分や真実を提示してくれるものならば、有川浩さんはとっても上手にそれをしてくれたんじゃないかなと思いました。
また、あとの2冊も軽妙でとても読みやすくて楽しくて、しかもわかりやすい良書。

ちなみに『図書館戦争』のシリーズは、とにかく出ているものをすべて読んでみたのですが、シリーズ3冊目の『図書館危機』に出てくるエピソードで、放送コードに引っかからない言葉をつかって、しかし徹底的にひとを差別し蔑む言葉に挑戦する作家がでてくるのですが、その人の語りにはずいぶん説得力がありました。
おもしろかったです。

あとは・・・登場人物たちの恋愛模様が、物語りをわくわくさせてくれて、こちらはこちらでおもしろいかな。
真っ直ぐな青春小説。



真保裕一 3冊ほど [本]

天使の報酬


天使の報酬

アンダルシア

アンダルシア

  • 作者: 真保 裕一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/06/10
  • メディア: 単行本


原作本を読んでみました。
原作と映画ドラマの内容はかなり違うので、それぞれに楽しめてお得な感じです。
この国がどんなふうに動いているのか、どこに、誰の、どういう思惑があるか、といったことに思いをめぐらせながら、楽しく一気に読める。
構成が骨太で読み応えがあります。
たくさん調査をして書かれているんだろうなあ。
黒田がさまざまな問題について、ひとつひとつ地道に踏査していくさまにも興奮する。

ただ、いろいろな問題を詰め込んだ、かなり重量感のある小説で、私はこの2冊を一気に読んで、あまりの濃さに頭がくらくらしました。
映画のほうが気軽に見られるかもしれません。

いずれにせよこのシリーズは、映像でも、小説でも、また続編を作って欲しいです。
ぜひに。

で、黒田ばかり読んでいるのも偏ってしまうと思って代表作の一つらしい『ホワイトアウト』。

ホワイトアウト (新潮文庫)

ホワイトアウト (新潮文庫)

  • 作者: 真保 裕一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1998/08
  • メディア: 文庫


やはりおもしろかったです。
登場する男たちがみなオトコくさいというか、それぞれに信念があるのがいい。

外交官 黒田康作 [映 画]

アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]
外交官 黒田康作 DVD-BOX
アンダルシア 女神の報復 スタンダード・エディション [DVD]


アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

外交官 黒田康作 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

アンダルシア 女神の報復 スタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


職場の方が「おもしろいよー」といって貸してくれたので最初に『アンダルシア』を見たわけです。
そしたら確かにおもしろくて、シリーズを一気に借りて見てしまった。
私の個人的な感想では、ドラマ版の「外交官 黒田康作」が一番おもしろかった。

『アンダルシア』を見たときに感心したのは以下の点。

1、映像がうつくしい
スペイン、アンゴラの美しい映像満載。
風景の切り取り方も心憎い。

2、展開に工夫がある
物語展開がスピーディでさくさく話が進む一方、謎が謎をよぷ仕掛けが巧妙。
ひきつけられる。

3、音楽が壮大
うつくしい風景にIL DIVOのTime To Say Goodbyeのスケールの大きさがよく合っている。

ちょっと難があるなと思ったのは、終盤、先が読めてしまうところ。
外交官である黒田(織田裕二)とインターポールの神足(伊藤英明)がしくんだお芝居が、どうしても予定調和的。
でもこれは仕方がないのかな、という気もする。
娯楽映画はだいたい2時間くらいの尺だから、あれ以上こみ入ったことはできないかも。

ドラマ版はその点、かなり複雑な作りで、一気に見てもとても見ごたえがあってほんとうにおもしろかった。放映当時、視聴率はあまりよくなかったらしいけれど、これは毎週ちょっとずつ見るより、ある程度まとめて見たほうが断然いい素材だからだと思う。
ドラマを見てるほうは時間がたつと細かいことは忘れちゃうし、ドラマの内容が複雑であればそれだけ、ついていけなくなってしまう。(少なくともわたしは間をおいて内容が続いているドラマを見るのは苦手だ。)

薬害問題に、11年前のある女性の死をからめ、さらに偽装自殺とか政治家同士のかけひきとか、いろいろな要素が複雑にからみあっているのがほんとうにおもしろい!
ひとつひとつの謎が解けていくのが快く、また、俳優陣の熱演もいい。
それに、何より"今"をうまく切り取っているところに見ごたえがある。

黒田のセリフに
「この国のほんとうの危機は、骨抜きになった政治家たちの存在です」
というのがあるのだけれど、このセリフには多くが集約されているだろう。

事実、いまの日本は目の前にある問題をどうすることもできずにいて、例えば年金であるとか、原発であるとか、ダムの問題だとか、とにかく右往左往しているだけである。なにがだめなの?などと考え始めると、(そこにはさまざまな要素があるにせよ)政治家がもっとちゃんとしてくれればなー、とか、国がもっとしっかりしてくれてればなー、とか、そういうところへ行き着くこともままあるわけです。

もちろんすべてが政治上の問題ではないんだけど、誰もがそう実感する瞬間はたしかにあって、利権とか、自身の保身とか、そういうところにしがみついていないで、公人はもっと国民のことを考えてよ、と思う。

映画やドラマの中の黒田のセリフは、ときにそういう私たちの心の声を代弁してくれている。
やたらとカッコいい外交官なんだけれど、そのかっこよさというのは実は彼の理想を語る姿勢にも潜んでいると、私は思いました。
そこには脚本家の思いが投影されているのか、はたまた原作者、もしくは監督の思いなのか・・・。

とりあえず原作を読んでみることにしました。

「館蔵の屏風絵展」相国寺承天閣美術館 [散 歩]

無題.png

年末のお休みに入る前の、開館最終日。
御所の事務所に寄ったり、いろいろしていたら閉館まで1時間、みたいな時間になってしまった。
でも、どうしても行きたかった美術展で、見られて本当にうれしかった。
私は以前見た俵屋宗達の「蔦の細道図屏風」がどうしてももう一度見たかったのだ。
初めてこの屏風を見たとき、わたしは「モダンデザインの極地」と唸ってしまって、
以来、寝ても覚めても・・・というのは大げさにしても、機会があればまた見たいなあと思い続けてきたのである。
だからこの、見るひとを「あっ」と驚かせずにはいられない省略の美と、形状の美の相備わったこの屏風が見られて心からうれしい。

画面全体を横切る明るく深い緑の道と、蔦に模した烏丸光広の手。
以前見たときには気づかなかったが、右隻に光広(だったはず)の署名が、まるでこれから蔦の細道に入ってゆく人間のように書かれていて、なんとも心憎い。
右隻と左隻を入れ替えても連続した構図となるような工夫があるらしく、細やかに行き届いた絵師の心配りもまた、心憎い。
感嘆、実にうれしい再開であった。

で、これ以外にも私には予想外のうれしい出会いがあったのだが、これはまた別のお話。
一緒に行った友人は、石川雅望の絵が出ていたことにやはり喜んでいて、二重三重によい出会いのあった展覧会であった。

石川啄木 その2 [本]




いよいよ歌集であります。
あんまり歌は読まないよ、よくわからないよ、っていう人でも、啄木の歌は分かるし、共感ができるし、詩的で、時に(というかかなりの割合で)おかしい。
天賦の才なんだと思うけれど、平易でくすりと笑える歌の数々なのに、強烈なアイロニーが効いていたりもする。そういう部分に凄みを感じます。

でも、やっぱり啄木のやんちゃっぷりはおもしろいのです。

知らぬ家たたき起して遁(に)げ来るがおもしろかりし昔の恋しさ

・・・ピンポンダッシュして遊んだんですね。
いたずらっ子ですね。

をさなき時橋の欄干に糞塗りし話も友はかなしみてしき

なんでこんなことしたんでしょうか。

人がみな同じ方向に向いて行く。それを横より見てゐる心。

佐々木幸綱さんは啄木の歌は卑近な物事を歌っているようでいて、その実抽象性が高いと指摘しています。
だから、誰が読んでも自身の経験に当てはめて考え、共感することができる、と。
人がみな・・・の歌など、今の世相に当てはめても、新しい。



啄木・ローマ字日記 (岩波文庫 緑 54-4)

啄木・ローマ字日記 (岩波文庫 緑 54-4)

  • 作者: 石川 啄木
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1977/09/16
  • メディア: 文庫


読みやすいし、「日記」と言うよりは文芸作品と言ってもいいくらいの日本語のなめらかさ。描写の確かさ。
ローマ字日記ではあるけれど、私は仮名に起してある文章を読みました。
周知のことではあるけれど、キンダイチ(金田一京助氏・言語学者)くんとはほんとうに仲がよくて、キンダイチくんの部屋で桜の花を散らかして遊び、彼をふとんに押し込めて啄木がそれを上からバタバタ叩いて自分の部屋に逃げ帰ってきたとか、なんだかやたらとキラキラしい時間があるかと思えば、「今日も××という女とねた。・・・・それから歩いて××へ行って、またハナなんとかとねた。」と、仕事を何日も何日も休んで鬱々と過ごす日々が綴られていたりする。
ともすれば一家を背負う責任から逃れたくてモラトリアムを過ごしている無責任な、ワガママな啄木のダメダメな日常の描写ではあるんだけれど、反面、お金がなくてキンダイチくんたちのように上の学校には(おそらく中学をまともに卒業していても)いけなかったであろう啄木が抱いていた、自身の才への自負、自分には何がしかの大きな仕事ができるはずだという強い思い、と、それがかなわない現実との間に起こる葛藤、というようなものが、なんとなく文面から読めるような気もします。

樋口一葉もそうだけれど、お金のない人が何とか文学によって生活を立てようとしても、それがかなり難しかったのですね。
あれほどの才をもってしても。
啄木は極貧の中で26歳で死去。
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。