So-net無料ブログ作成
検索選択

新春浅草歌舞伎 [観 劇-歌舞伎]

少し前の話しになるが、ストレス解消のために急遽予定にねじ込んで浅草歌舞伎を見に行った。

第二部鑑賞。
亀治郎さんがお年玉ご挨拶。
素顔で出てこられた亀治郎さんを見て、
「あれ?少しお痩せになったのかな?」
と思う。
奥州安達原の説明を一生懸命する亀治郎さん。
しかし物語が長大すぎて、ご自分でも時々こんがらがるようだった。
「え~」とか「それから」とか、間をつなぐ言葉が頻出する。
めずらしい。

奥州安達原は私の好きなタイプのお話である。
武家に生きるものがにっちもさっちもいかなくなって、親子の情やら、武士のプライドやらの中で苦しみながら死ぬのである。
もとが長い浄瑠璃狂言は、一部だけを切り取って演じられることが多く、切り取られた部分それぞれにタイトル(のようなもの)がつく。今回もそうした演目の一つで、上演部分は「袖萩祭文」という。タイトルに冠される「袖萩」がこの演目上の主役。親から勘当された武家の娘である。
亀治郎さんも演じたことがあり、やはりこういうお役はお似合いだった。
今回は袖萩を勘太郎さんが演じられる。彼は若いけれど、登場人物の心の機微をうまく客席に伝えられる役者さんだと私は感じていて、今回もそうした意味でとても楽しみな配役。しかも早変わりで袖萩の夫、安倍貞任もこの方が演じられる。いやがうえにも高まる期待。
義太夫を聞くだけで泣けてくるほど、私もこのプログラムは好きなのである。
で、結論から言うと、(こまかいところは抜きにして)貞任の方は文句なくよかった。骨太で、声もよく、大きな役柄がはまっている。しかし袖萩のほうはもう一つか。とても熱演していらして、しみじみとくる部分もあるけれど、あともう少し、色気がほしいというか、艶っぽさがあるといいなあ、と思う。声とか、お三味線のところとか。雪がどかどか降ってくる、一番の見せ場もまだこなれていない感じが強い。
多分、公演の日数を重ねるにつれてさらに良くなっていくんじゃないかと、すみません、エラソーに思いました。
子役さんがまたうまいなあ。
男女蔵さんにはどうも、自分は仕方なくやっているんだよね~的な投げやり感あり。父親の気持ちはセリフとは裏腹なんだよ、と感じさせるところが全然ない。
解釈は人それぞれということなのかもしれない。
しかし今回も私はボロボロ泣きました。


悪太郎。
新橋演舞場の海老蔵さんの踊りはけっこうゆらゆらしていた。やはり踊りという点では亀治郎さんは群を抜いている。しなやかで安定感があり、芸達者。
バラエティーを含め、最近はテレビなどへも活躍の場を広げている亀治郎さんであるが、人間観察の鋭いひとなのだろう。酔っ払いの悪太郎さんや、絶妙なタイミングで客席の笑いを誘う悪太郎さんを見て、うう~む…見事だなあ~と思う。
亀鶴さんとの相性もよいようである。(ああ、しかし亀鶴さんの渋~いお声が今回は聞けなかった。残念極まりない)亀鶴さん、古風なさっぱりした風情。
亀治郎さんは生き生きと踊っているように見える。実際、楽しいんだろうな、と思う。こちらにまでその楽しげな気持ちが伝わってくるのだから、演劇と言うものは不思議だ。やめられない。そうして見た人を幸せにできる役者もまた、得難いものなのだから、こういう舞台を目の前にできることこそが、今の時代に生きる私たちの幸せだよな~とつくづく思う。それにしても「楽しそう」ではあるけれど、肉体の酷使は当然のことながら半端なく、花道横でかなり近いところから観劇していた私は、時々「苦しいな~」と思ったりもした。
対照的に出番の少ないゆえか、ラブリンは長い長い袴をつけて、さぞや踊りも大変だろうと思いきや、微塵も辛さを感じさせず、さすがの優美さである。おとこまえである。
歌舞伎座で「切られ与三郎」を染五郎さんがやっているけれど、ラブリンもすごくいい男だよなー。といろいろと思いをめぐらせて見る。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。