So-net無料ブログ作成
検索選択

三島由紀夫『憂国 映画版』、DVD「憂国」 [映 画]

639.jpg 決定版 三島由紀夫全集〈別巻〉映画「憂国」

※「憂国 映画版」は画像です。全集版の方はAmazonへ飛びます。


なんだか三島祭りみたいになっていますが、これで一旦終了です。

三島由紀夫にとって、「おススメは」と尋ねられたら、まずこれを読んで欲しいという意識があるらしく、先に取り上げた「川端康成と三島由紀夫」でも、本人がそんなことを言っていたと記憶している。
それで「憂国」。
原稿用紙に換算すると、ほんの50枚ほどの小品だが、三島のすべてが詰まっているのだという。
筋はそんなに入り組んではいない。2・26事件のときに、反乱軍の仲間たちを討たざるを得なくなった主人公が、妻とともに自決するお話。
友人たちはクーデターを起すに当たって主人公を誘わなかったのだが、それは彼にうつくしい妻がいただめだ。主人公はそれをわかっていて、友人と国家との間に死を選ぶ。
この主人公の中尉と妻の麗子さんの、若くてとても美しい様子が描かれる冒頭から、最後の主人公の切腹シーンまで、三島らしい華麗なことばが巧みに配置されつつ物語は進んでゆく。
のちに三島はこの作品にこだわるあまり、自分でお金を出し、人を集めて秘密裏に映画を作ってしまった。
原作、脚本、監督、主演、ぜんぶ三島由紀夫である。
「映画版」にはその映画のカットが写真で収められており、本の最後には三島による映画製作の動機と経緯がつづられている。
この最後の部分がとてもおもしろくて、三島というひとがどれほど饒舌であったか、どれほど無邪気でかわいらしいひとだったか、ということがこの部分から垣間見られる。
無邪気、とか、かわいらしい、という表現はこの場合あまり適切ではないかもしれないが、わたしにはなかなかこれに代わることばが見つけられない。

三島は「憂国」のことをつらつら考えているうちに、他のひとには監督もさせたくないし、主役もはらせたくない、なんだか自分がどうしてもこの映画を作りたくなってしまった、らしい。
それでプロデューサーを頼んだり、舞台美術を考えるのも一苦労、困難が多々あった上に、相手役の女優探しもこれまた困難を極め、ようやく自分のイメージにふさわしい女性を見つけた。
そこで彼女につけた芸名が「鶴岡淑子」。
鶴岡八幡宮の古典で風雅なイメージを連想させ、さらに貞節でうつくしい女性らしい「淑」の字を使った名前がいいと、三島自身が考えたものだ。
鶴岡・・・
そうか~~

血なまぐささとは縁のない能舞台を使って、そこに派手に血の海を作ろうと考えて高揚し、全編をおおうワグナーの「トリスタンとイゾルデ」の尺にあわせた台本を、分・秒の単位で書き上げる。
セリフのない映画のため、筋の説明をするキャプションがときどき入るのだが、それも全部三島自身の直筆である。
ちなみに舞台の中央に掲げてある「至誠」の掛け軸も三島自身の手によるもの。部下を思って高位の武官が書いたように見えるよう、工夫をしたと説明がある。
(さらに、後に映画が出来上がって海外で公開するためにプレスシートを各国語で出したときも、この「至誠」は、三島が何枚も何枚も全部手書きで書いたと言う。)

とにかく、「何のために何をした、どんな風にどんな苦労をした」ということが、事細かに書き記されている。
撮影期間が短かったこと。
2・26のころの青年将校が着る軍服が見つからず、足を棒のようにして各所を尋ね探すがさっぱりだめで、特注で作ったこと。
帽子は最後の軍帽職人さんを探し当てて無理にお願いして作ってもらったが、(ここからが面白い)、その職人さんは高齢と言うこともあり、体調不良をかこっていたのを、三島の注文に奮闘してしまって、帽子を作り上げた後はすこぶる調子がよくなってしまったのだとか。なんだか、漫画のようなんですけど・・・ほんとうかな。
弁当くらいいいものをスタッフに食べさせたかったのに、プロデューサーがお金は大事だぞ、と言ったのでしぶしぶ言うことを聞いて安い弁当にしたこと。
主人公が切腹したあと、その脇を通り過ぎる夫人の着物のすそが、中尉の頭から転がり落ちた帽子に触れて、帽子がぱたっと倒れる演出はよかった、というような感想もあった。

いよいよ映画が完成して、国内で映画会社の重役とともに試写をしたとき、「三島くん、おそれいったよ」と言われたとか、海外に作品を出した後もだれそれにほめてもらえた、というようなことが一生懸命書いてあって、ここらへんはとても無邪気な三島である。

そんなこんなが、みっしりと書いてある。
ファンにはたまらないのだろうな、と思いました。

「映画版」を読んだついでに、職場の方のご好意によりお借りしたDVD「憂国」も見た。
「映画版」で予習をしていたのでわりあい、面白く見られました。
30分に満たない短編映画。
これが海外でかなり高い評価を受けたのだなあ。
DVDは新潮の全集に収録されています。


決定版 三島由紀夫全集〈別巻〉映画「憂国」


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

中野

三島由紀夫先生は、至誠の作家、至誠の思想家です。
by 中野 (2014-12-13 17:03) 

中野

三島由紀夫先生は、永遠に歴史に残る、偉大な思想家です。
憂国を、繰り返し、読ませていただいております。
至誠の三島由紀夫先生から、誠実な生き方を学んでおります。
by 中野 (2015-08-09 20:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。