So-net無料ブログ作成

真保裕一 3冊ほど [本]

天使の報酬


天使の報酬

  • 作者: 真保 裕一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/12/21
  • メディア: 単行本
アンダルシア

アンダルシア

  • 作者: 真保 裕一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/06/10
  • メディア: 単行本


原作本を読んでみました。
原作と映画・ドラマの内容はかなり違うので、それぞれに楽しめてお得な感じです。
この国がどんなふうに動いているのか、どこに、誰の、どういう思惑があるか、といったことに思いをめぐらせながら、楽しく一気に読める。
構成が骨太で読み応えがあります。
たくさん調査をして書かれているんだろうなあ。
黒田がさまざまな問題について、ひとつひとつ地道に踏査していくさまにも興奮する。

ただ、いろいろな問題を詰め込んだ、かなり重量感のある小説で、私はこの2冊を一気に読んで、あまりの濃さに頭がくらくらしました。
映画のほうが気軽に見られるかもしれません。

いずれにせよこのシリーズは、映像でも、小説でも、また続編を作って欲しいです。
ぜひに。

で、黒田ばかり読んでいるのも偏ってしまうと思って代表作の一つらしい『ホワイトアウト』。

ホワイトアウト (新潮文庫)

ホワイトアウト (新潮文庫)

  • 作者: 真保 裕一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1998/08
  • メディア: 文庫


やはりおもしろかったです。
登場する男たちがみなオトコくさいというか、それぞれに信念があるのがいい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。