So-net無料ブログ作成
検索選択

図書館戦争 [本]


図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)

図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)



今さらで申し訳ないのですが『図書館戦争』を読んでみた。
周りの人々が「おもしろいよ」とお薦めしてくれてからすでに何年か経っているのですが・・・。
すみません。

そしてちょっと思い出したのでこちらをご紹介しておきます。

字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ (光文社新書)

字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ (光文社新書)

  • 作者: 太田 直子
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/02/16
  • メディア: 新書



不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)

  • 作者: 米原 万里
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1997/12
  • メディア: 文庫



どちらも充分古い本なのですが、『図書館戦争』ととても近いところにあるような。
『図書館戦争』は法務省主導の言語狩りに対して図書館が表現の自由を守るために戦う、というフィクションの構図を取っているのですが、『字幕屋~』や『不実な~』の著者である翻訳家たちは、現実に起こるさまざまな言語をめぐる局面において、すでに「くさいものには蓋」式対処が行われるていること、そしてそんなことをしても差別などの本質的な問題は解決しないことを、(偶然にも?)揃って指摘しています。

小説家が現実をすくい取って、その歪んだ部分や真実を提示してくれるものならば、有川浩さんはとっても上手にそれをしてくれたんじゃないかなと思いました。
また、あとの2冊も軽妙でとても読みやすくて楽しくて、しかもわかりやすい良書。

ちなみに『図書館戦争』のシリーズは、とにかく出ているものをすべて読んでみたのですが、シリーズ3冊目の『図書館危機』に出てくるエピソードで、放送コードに引っかからない言葉をつかって、しかし徹底的にひとを差別し蔑む言葉に挑戦する作家がでてくるのですが、その人の語りにはずいぶん説得力がありました。
おもしろかったです。

あとは・・・登場人物たちの恋愛模様が、物語りをわくわくさせてくれて、こちらはこちらでおもしろいかな。
真っ直ぐな青春小説。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。