So-net無料ブログ作成
検索選択

シャーロック [本-海外]

SHERLOCK / シャーロック [DVD]

シャーロキアンたちを、今とても悶えさせている英国BBC制作のドラマ
ドラマと言っても1話が90分あるので、ちょっとした映画のような感覚。
ワトソン君とホームズの出会いからシリーズは始まり、原作の「緋色の研究」(season1)や「バスカヴィル家の犬」(season2)など、数々の有名な作品をモチーフにした殺人事件の謎解きが毎回描かれるが、話の筋は別としても、ありとあらゆるところに原典からの引用が垣間見られて、本当にたのしいです。
舞台は現代のイギリス
ワトソン君が事件の記録をブログで発表し、ホームズはモバイルを駆使し、二人はタクシーに乗り・・・と、細部に制作者の工夫を感じますが、それ以上に、時代を経ても色あせることのないドイルの原作の魅力に再び感動します。
主演のベネディクト・カンバーバッチもエキセントリックな役柄をうまく演じていて惹きつけられます。
NHKの放送では吹き替えになっていたのですが、できれば字幕でみたほうがこの奇人ぶりが際立っておもしろい。さすがにシェークスピアの国の人らしく、セリフがオシャレで、特にホームズは韻を踏んでいたりして、聞いていてしびれます。(とはいえホームズの英語は時にものすごく早い。とても聞き取れません)

ついこの間season2の放映が終わり、しかも「最後の事件」を下敷きにしていた第3エピソードでホームズは死んでしまいました。
ファンは原作のその後の経緯を知っているので「どうやってホームズは生還したのか?」などといろいろ疑問がわいてくるのですが、その疑問に対するこたえは来年以降のseason3の放送を待たねばならないようです。
それでみんな悶絶している。

この長い長い待ち時間をどのように耐え忍べば良いのか?
気を紛らわすためにシャーロック・ホームズの周辺を逍遥するわけです。
コナン・ドイルの事件簿 DVD-BOX シャーロック・ホームズ誕生秘史

コンナ・ドイルとドクター・ベル博士を主人公にした推理ドラマで、やはりBBCの制作。
ドイルがワトソン君、ベル博士がホームズ、と見立てるとなるほどそのままホームズの物語と言ってもいい。
ドイルがベル博士をモデルにホームズを描いたことは有名な話ですが、ドラマには実際のエピソードというよりは、ホームズ作品からの引用というかコラージュがいたるところにちりばめられているので、創作半分+実話半分、といった脚本なのでしょうか。
例えば上述の「シャーロック」における最初のホームズ登場シーンでは、ホームズが死体を鞭打っているのですが、こちらのドラマでもベル博士最初の登場場面で、死体が鞭打たれています。
多分これ、『緋色の研究』でワトソン君が初めてホームズに会う日に、“ホームズは死体を鞭打ったりする(変わり者)!”という話を聞くところからの引用で、そうしたところを思い出しながら見られるのもファンには楽しいと思います。

もちろんホームズファンでなくても、作品そのものがしっかり作られているので推理ドラマとして十分楽しめます。
私はホームズのシリーズが好きで若い頃に何度か読みました。しかし現在、その内容はほとんど忘れてしまっているので、いつも初心でドラマを見ています。
19世紀イギリスの空気がよく伝わってくる映像も圧巻です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。